Spacer

新生活を振り返って

河崎 樹音(1年)

マネージャー日記をご覧の皆様、こんにちは。1年マネージャーの河樹音です。日ごとに寒さが増してまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

時が過ぎるのは早いもので、入部してから半年が経ち、私にとって初めての公式戦であった、秋リーグ戦を終えました。毎回、試合前には鼓動が速くなるのが分かるくらいに緊張し、ゴールを決めた時、試合に勝利出来た時には心の底から喜びました。入部前に、春大会を観に来た時には抱かなかった感情が芽生え、自分がチームの一員として、思いを寄せて応援出来たことを嬉しく思いました。また、このリーグ戦を通してアイスホッケー部がどれだけ多くの人に支えられているかを改めて実感いたしました。応援してくださった全ての皆様に感謝致します。

12月に入り、2021年も残すところあとわずかとなり、インカレが近付いて参りました。この試合は4年生の引退の場でもあります。一緒に活動させて頂いた時間は短いですが、とても濃い時間だったと感じています。沢山のことを教え、導いて下さった先輩方には感謝の気持ちでいっぱいです。先輩方の、日々の練習に全力で打ち込む姿、闘志を燃やして試合に挑む姿、そして仲間と共に歩む姿に感化されています。改めて、素敵な部活であることを感じると共に、この様な部活に携われていることを幸せに思っております。寂しい気持ちもありますが、最後まで先輩方の背中を見て様々なものを吸収し、全力で皆様のサポートに邁進する所存です。

最後になりますが、今後とも立教大学体育会アイスホッケー部のご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い致します。

(2021年12月21日 22時24分)

Copyright © 2023 Rikkio Ice Hockey Club All Rights Reserved.