Spacer

はじめまして

立石 優羽(1年)

初めまして。
今年度より立教大学アイスホッケー部に入部しました、栃木県立日光明峰高等学校出身、経営学部経営学科の立石優羽(たていしゆう)です。

今回は、初めての氷上奮闘記ということで、私が立教大学アイスホッケー部への入部を決めるまでの経緯と今年の抱負について、語りたいと思います。

私は小学校に入学する前からアイスホッケーを始め、中学を卒業するまで、千葉県のクラブチームでプレーをしていました。しかし、千葉県にはアイスホッケー部のある高校がなかったため、千葉県を離れ栃木県にある日光明峰高校に進学しました。明峰高校アイスホッケー部はとても人数が多く、1年目はほとんど試合に出ることができませんでした。2年生になり、試合に出られるようになってからも、チームの足を引っ張らないように必死で、自分のことで精一杯でした。その結果、自分はいつも他の人に頼りきりになってしまいました。

立教大学への受験を考え始めたのは、高校3年生になってすぐのことでした。立教大学アイスホッケー部への第一印象は、経験者と未経験者の合わさった少数精鋭のチームで、チーム内での助け合いや協力がとても活発だというものでした。高校で他の人に頼りきりだった自分でも、このチームでなら他の人と積極的にコミュニケーションをとり、チームに貢献できると思いました。氷上練習に参加した際にも、部の明るい雰囲気を感じ、とても楽しそうなチームであると同時に、フェアプレーを心がけているチームの方針にも魅力を感じ、受験を決めました。

私の今年の抱負は、「チームを引っ張っていけるような人間になる」です。チームメイトと助け合いながら、チームの目標達成のために全力を尽くしたいと思います。また、1部Aリーグ昇格、インカレベスト8を目指して、個人としてもスキルアップしていきたいと思います。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

(2023年5月29日 21時5分)
2024秩父宮杯第71回関東大学アイスホッケー選手権大会
立教
3
×
青山学院
2
試合終了 #8 池田
2024/06/01  15:00
ダイドードリンコアイスアリーナ
80th Anniversary

Copyright © 2024 Rikkio Ice Hockey Club All Rights Reserved.