Spacer

はじめまして

池田 橘平(1年)

氷上奮闘記のご覧の皆さん、初めまして。

今年度より入部しました、駒澤大学附属苫小牧高等学校出身、スポーツウエルネス学部スポーツウエルネス学科の池田橘平(いけだ きっぺい)と申します。

この度は初めて氷上奮闘記を書かせて頂きます。よろしくお願いします。
今回は、私が立教大学アイスホッケー部に入部した経緯と、今年の抱負について語りたいと思います。

まず初めに、私が立教大学アイスホッケー部に入った経緯を書かせて頂きます。私は小・中・高とアイスホッケーと向き合い、常にアイスホッケーの練習を行い、先輩・同期・後輩とともに切磋琢磨し、日本一を目指してきました。
アイスホッケーの世界はあまり広くない為、全員見たことのある顔の中で過ごしてきました。少しは変わりますが、大学に入学しても、大半が知り合いの中で学校生活を過ごしていくと思っていました。高校2年生になり大学を決めなければならない時期に、立教大学から話が来ていると監督から聞き、気になり調べると、この氷上奮闘記に辿りつきました。自分にはとても未知数な学校だったので、すごく興味が湧きました。読み進めてみるとこの部活は伝統的な部活動で、経験者と未経験者が組み合わさったチーム構成だと知りました。私はそのことにとても驚き、興味を持ちました。私は、アイスホッケーという競技は大学生から始めることは不可能だと思っていました。理由としては、この競技はスケートができることが前提のスポーツです。スケートといってもアイスホッケーは、他の氷上の競技と違い、ダッシュ、ターン、ストップ、カッティング、バックスケーティングなど、他にも数えきれないほどのスケーティング技術が必要です。その土台がないとアイスホッケ―というスポーツは行うことすらできません。私はスケーティングが出来るようになるまで、小学生の時に2年ほどはかかりました。今でも足りないくらいです。こんなに難しいスポーツを大学から始める人達や、その人達と切磋琢磨するチームに魅力を感じました。そして、その気持ちと同時に未経験者と経験者のチームをどのように構築し、その環境の中で自分がどこまでチームのために貢献し挑戦できるか試したいと考えるようになりました。

私の今年の抱負は、グループA昇格、インカレベスト8以上、アイスホッケーの楽しさや勝つ楽しみを、皆で分かち合いたいと考えています。
理想通りにいかないこともあると思いますが、1つ1つ乗り越えていきたいと思います。
私は、まだまだ人としてもアイスホッケーでも至らない点が多々ありますが、先輩方や同期と一緒に成長していきたいと思います。

結びになりますが、最後までご覧いただきありがとうございました。

(2023年4月17日 15時26分)
2024秩父宮杯第71回関東大学アイスホッケー選手権大会
立教
3
×
青山学院
2
試合終了 #8 池田
2024/06/01  15:00
ダイドードリンコアイスアリーナ
80th Anniversary

Copyright © 2024 Rikkio Ice Hockey Club All Rights Reserved.