Spacer

はじめまして

岩崎 優(1年)

 氷上奮闘記をご覧の皆様、はじめまして。今年度より立教大学アイスホッケー部に入部いたしました、経営学部国際経営学科一年の岩優です。
今回は初めての氷上奮闘記ということで、今年一年の目標について書かせていただきます。

 今年の目標は「考える癖をつける」です。このような目標を立てた理由は主に二つあります。一つ目は、立教大学アイスホッケー部での活動にこそ考えることが必要だと思うからです。立教大学アイスホッケー部は未経験者と経験者が混在しているチームです。私自身アイスホッケー未経験なので、経験のある方とは四年間だけでは覆せないほどの実力差があります。その差をできる限り小さくするためにも日々の練習から目的や意図を考え、練習の効果を最大化していくことが未経験者に求められることだと思います。

 そして二つ目は自分自身がこれまで考えることを避けてきたからです。その結果、高校の部活動では実力があまり伸びませんでした。私は中高でテニス部に所属していましたが、その六年間で自分がプレイヤーとして自信を持って活躍できたと言えるのは中学時代だけです。それは高校の部活動で自分達を指導できるような方が学校にはいなく、部員が主体となって活動を作っていく必要があったからです。つまり、自分の強みと弱みを理解し、それを伸ばしたり補っていくために必要なことを自身で練習に反映させていく必要がありました。しかし私は考えることを怠り、このようなことをしてきませんでした。その結果、中学時代には勝てていた同期にも負け越すようになり、高校時代に思うような結果を出すことはできませんでした。これを受け、身を結ぶ努力には考えることが必要不可欠だと気付き、この目標を立てました。

 大学に入学してから三ヶ月が経とうとしています。あと一か月で春学期を終えると思うと、あっという間に感じます。日々をなんとなく過ごしていたら、大学生活もすぐに終わりを迎えてしまうのでしょうか。この貴重な時間を無駄にしないためにも、毎回の練習で目的意識を持って活動していこうと思います。また現在、アイスホッケー部では監督や先輩、同期などたくさんの方々のおかげで充実した活動を送れています。この恵まれた環境への感謝も忘れずに、日々精進して参りたいと思います。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

(2022年7月4日 12時45分)

Copyright © 2023 Rikkio Ice Hockey Club All Rights Reserved.