Spacer

もう一花咲かせましょう!先輩!

川上 塁(3年)

 氷上奮闘記をご覧の皆様、こんにちは。法学部政治学科3年川上塁です。

 先日関東大学リーグ戦が終了し、このチームで試合ができるのも残すはインカレのみとなってしまいました。この1年間チームとして様々なことに取り組み、私としてもこの1年間、氷上練習や陸上トレーニングに多くの時間を使い本気でアイスホッケーに向き合ってきましたが、リーグ戦3位という目標は達成できませんでした。しかし、秋大会では主力選手2名が出場できなかったにもかかわらず、春大会で惜敗した神奈川大学に勝利できたことは、半年間の皆の努力の成果だと考えています。今回は私が考える、その結果を出せた一番の要因について書かせていただきます。

 それは、4年生の最上級生としての成長です。3年生が言うのはおこがましいかもしれませんが、客観的に見て、このチームが成長できた一番の要因であると考えます。正直、昨シーズンまでは、チームのことに関してどこか人任せであり、同期内での絆もそこまで強くはない印象で、新チームが不安でした(笑)。しかし、田中主将のもと「Hundred」というスローガンで新チームがスタートし、春大会や深夜(早朝)練習、陸上トレーニングプログラム、戸田でのシュート練習、月に1回の定期ミーティング等に取り組んでいく中で、4年生一人一人がリーダーシップを発揮し、”チームに良い影響を与えてくれる最上級生”に進化していきました。そんな大好きな4年生が、残り数週間、立教のホッケーにさらに磨きをかけ、「クリスマスの日の奇跡」を起こしてくれることを祈っています。また、良いチームを作ってくれた4年生が最後インカレで最高の試合をして引退できるよう、私自身気持ちを引き締めて準備してまいります。

 最後に、関東大学リーグ戦では、多くの応援、ご支援ありがとうございました。セーブした後の観客席からの温かい拍手に、懐かしさと喜びを感じながらプレーしておりました。早く、「ナイスキー!」とどこからでも叫ぶことが許される日が来ることを祈っております。寒さが厳しくなってきましたが、どうかお体には気を付けてお過ごしください。

(2021年12月6日 13時41分)
2024秩父宮杯第71回関東大学アイスホッケー選手権大会
立教
3
×
青山学院
2
試合終了 #8 池田
2024/06/01  15:00
ダイドードリンコアイスアリーナ
80th Anniversary

Copyright © 2024 Rikkio Ice Hockey Club All Rights Reserved.