Spacer

キンモクセイ

竹高 成嘉(4年)

こんにちは!
夏も終わり、キンモクセイが香る今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、皆様も体調にはお気をつけください。
ご挨拶が遅れました。氷上奮闘記をご覧の皆様お久しぶりです。法学部国際ビジネス法学科4年の竹高成嘉です。

「逆境の時に、その人の本質が試されている」
これは私が普段から大切にしている言葉です。誰から聞いたのか、いつ聞いたのかは覚えてはいませんが、私の中で強く根付いています。過去の怪我の経験などから、逆境を乗り越えると成長できることを学んでいる事からも、逆境で頑張れる人でありたいと思うようになりました。

そんな私だったのですが、今回の新型コロナウイルスの影響での逆境に負けそうになってしまいました。春の大会がなくなり、氷上練習ができなくなり、自分のアイスホッケー人生集大成の年に公式戦がなくなるのではという恐怖感と、何のために練習をしているのかわからなくなる虚無感でモチベーションを保てないときがありました。来年以降のチームの為、後輩に何かを残す為と言いながらも、どこか部活動に身が入らない日々を過ごしていました。前を向かなきゃいけない、チームを引っ張らなきゃいけないと思いとともに、先が見えない状況に逃げ出したくなる、そんな時間を過ごしていました。「大会が無いのに練習をする必要があるのか」、「何の為に練習をするのか」、そういう声があるたびに、叱っていましたが、そういう気持ちになるのは自分自身、痛いほどわかっていました。大会があったときのため、来年の為とその選手に伝えながら、自分にも言い聞かせていました。

そんな状況の中、私の心を変えてくれたのは、先が見えない状況の中でも努力をし続ける、後輩(特に梶原と川上)の姿です。大会が中止になっても淡々と筋トレをし、身体が徐々に変わり、大きくなっていく姿を見て、私も頑張ろう、逆境こそがんばらねば。という気持ちになることができました。先が見えない中でも努力する後輩に救われました。

そこから筋トレに目覚め、人生で初めて筋肉を中心に生活をし、体重も3ヶ月で10キロ増量させることができました。自粛明け始めて部員にあったときには、体が一回りも二回りも大きくなっている選手が多く、先が見えない中でも努力をする部員の強さに、驚かせれました。選手だけでなく、留学から帰ってきた盒兇皀肇譟璽福爾箸靴董▲繊璽爐琉戮帽弩イ靴討れています。

また春先に前十字靭帯を断裂しリハビリを続けている田中も、腐らず淡々とチームのために動き続けてくれています。僕が怪我した時とは大違いで、落ち込んでいるそぶりが全く見せずに、努力し続けている姿は本当に凄いなと思います。

新型コロナウイルスの影響によりインカレは中止となってしまいました。幸いにも、秋リーグは無機観客試合ではありますが、開催されることとなりました。この状況下で開催されることに感謝をし、覚悟を持って大会に臨みたいと思います。
今シーズン、リンクで姿をお見せする事はかないませんでしたが、OB、OGの方々に良い報告をできるようチーム一丸となって戦ってまいります。

またいつかこの状況が収まり、観客を入れて試合ができるようになった際には、リンクに足を運んでいただき、沢山の応援をよろしくお願い致します。またリンクで会える日を楽しみにしています。
予断の許さない状況が続いていますので、皆様も体調にはくれぐれもお気をつけください。

(2020年10月7日 19時58分)

Copyright © 2024 Rikkio Ice Hockey Club All Rights Reserved.