Spacer

積極的に

鈴木 翔斗(1年)

氷上奮闘記をご覧のみなさん、こんにちは。
理学部化学科1年、鈴木翔斗です。

私は現在、化学科での実験レポートや課題に追われる日々を送っています。レポート作成の際には、実験結果を基に考察しますが、実験に対する理解や科学的根拠が重要になります。少しでも質の良いレポートが書けるよう、化学を学び多くの知識を得て、理解を深めていこうと思います。

さて、話は変わりますが、私は、2月に行われた野辺山合宿からチームに合流し、試合にも出場しています。普段の練習や試合でも、監督やコーチ、先輩方から多くのアドバイスをいただきます。その中でも特に言われているのは、「もっと自信を持ってプレーしていい。」ということです。

以前の私は、消極的なプレーが目立っていました。自分で攻撃を仕掛けることが少なく、すぐに味方にパスをしたり、相手のチェックを恐れて、適当にパックを放したりすることが多かったのです。守備では、バックチェックで走りきることができず、シュートブロックも空回りしていました。失敗することが怖くなり、簡単に「自分にはできない」と決めつけていたことが、この消極的なプレーに繋がっていたのだと思います。

夏に行われた苫小牧合宿で、私が設定した目標は、得点やチャンスメイクなどFWとしての役割を果たすことと、積極的なプレーを心がけることです。積極的に攻撃に参加し、最後まで走り続け、フォアチェック、バックチェックを仕掛けて、DFやGKへの負担を減らすといった基礎的な部分から意識していこうと思いました。

現在、チームはリーグ戦で負けが続いています。自分の「積極的な」プレーでチームの勝利に貢献したいです。

最後に、次の試合の日程をお知らせいたします。

日時: 10月27日(土)  12:15 練習開始
場所: ダイドードリンコアイスアリーナ
対戦相手: 青山学院大学


ご声援の程、よろしくお願いいたします。

(2018年10月24日 12時12分)
2024秩父宮杯第71回関東大学アイスホッケー選手権大会
立教
3
×
青山学院
2
試合終了 #8 池田
2024/06/01  15:00
ダイドードリンコアイスアリーナ
80th Anniversary

Copyright © 2024 Rikkio Ice Hockey Club All Rights Reserved.