Spacer

二巡目に挑むにあたって

熊木康仁(1年)

朝夕はめっきりと冷え込むようになりました。皆様お体の調子はいかがですか。

関東大学リーグも一巡目が終わり先日から二巡目が始まりました。一巡目の五試合では惜しい試合もありましたが勝ち切ることができず五試合全てで敗北という残念な結果に終わってしまいました。ですがその敗北から得られたものもたくさんあったはずです。私たちはそれを教訓として生かし二巡目に一つでも多くの勝利を収められるように頑張っていきます。

私事ですが、立教大学体育会アイスホッケー部に入部して八ヶ月が経とうとしています。入部したばかりの頃は先輩たちとのコミュニケーションも緊張や自身の人見知りな性格などでうまくいかなかったのですが夏季休業中の日々の陸上トレーニングや練習、苫小牧合宿などを経て今では自分から積極的に喋りかけにいく事ができるようになりました。主将の野尻先輩をはじめとした四年生の先輩方にはプレーのことを色々と教えてもらい、三年生や二年生の先輩方にはプレーの事はもちろん日々の仕事なども教えていただいています。中でも三年生の関口先輩や二年生の上床先輩には同じポジションの先輩として多くのことを学ばさせていただいています。そして最近では同期の吉田を含めたDFの四人で練習前などに早く集まりマネージャーさんに撮っていただいた試合のビデオを見てお互いのプレーを指摘し合うビデオミーティングを行っています。これからDFからチームを変えていくつもりで切磋琢磨していきたいです。

最後になりましたが今後ともご指導、ご声援の程宜しくお願い致します。

(2017年10月30日 11時33分)

Copyright © 2018 Rikkio Ice Hockey Club All Rights Reserved.